予備校の種類とカテゴリーについて

予備校の現在の状況についての解説

はじめに、予備校と言えば昔は、大学受験の選抜試験対策の学習補助要素を行う、いわゆる学習塾的な場所をでした。
しかし、現在は少子高齢化が世界一のスピードで進み人口が減少傾向の著しいわが国では概念が大きく変化してきていますす。
今回は現在の状況について解説です。
現在は大学の選抜試験だけでなく各カテゴリーの学校への入学試験の準備と、さらに資格試験の対策が現在の主な仕事とです。
なお、進学と資格試験受験対策は別々の施設が必要になるため、教育についても内容が別になっているのは当然のことですが、現実的にはすべてのカテゴリーを予備校として認知されています。
資格試験として、特定の会社や公務員試験・客室乗務員・パイロット・アナウンサーなどさらに、司法試験・気象予報士などバリエーションに富んでいて、そのカテゴリーがどんどん広がりを見せています。
医学部や歯学部・薬学部にも国家試験対策もありますが、同時に大学卒業後に不幸にして国家試験に合格できなかった方の国家試験合格のためのいわゆる、国家試験浪人などにも対応する業種があります。
それでは講師陣について解説します。
多くは個人事業主であり年間契約し、正社員が多い塾講師などとは違い、講義のみの契約です。
そのため講師個人の授業内容により大きく人気に差が出てきます。

予備校の現在の状況についての解説 : 芸大・美大受験の場合 : 医科歯科薬大受験の場合