予備校の種類とカテゴリーについて

医科歯科薬大受験の場合

さらには、講師陣についても大学受験などとは異なることから専用の講師を雇う必要性が出てきます。
続きまして、医科歯科薬大受験です。
医学部や歯学部・薬学部を目指す人のための専用のものです。
これらの学部受験にマッチした授業が必要になります。
変わったところでは、音楽学校受験予備校です。
これも宝塚音楽学校の受験準備を専門とする予備校や音楽大学の受験生に対応するなど昔は見られなかった形態です。
さらに、資格試験予備校と呼ばれる、公認会計士や税理士など各種の難関資格試験を突破するための準備するカテゴリーも存在します。
さらに、なかなか人気があり、その講師も専門性が必要になることがあります。
公務員試験対策専門もあります、公務員試験の対策を行なうためのものもあり、本当に教育の範囲が広がってきたと感じています。
その他、建築関連資格や電気主任技術者さらには気象予報士試験予備校と呼ばれるものです。
さいごに、ここは専修学校や各種学校のほか株式会社による設置のものもありまして生徒が鉄道などの公共交通機関による通学する際は、学校登録されている場合に限り通学定期券を利用することができ、また、業界団体として全国予備学校協議会があります。
これは設置者が学校法人である場合のみを会員としています。

予備校の現在の状況についての解説 : 芸大・美大受験の場合 : 医科歯科薬大受験の場合